2010年5月30日日曜日

Thank you (Card 9. 10)



Thank you カード2種。
お世話になった方のお顔を思い浮かべながらのカード作りは、
色んなことを振り返るよいきっかけにもなります。

感謝を込めて・・・ありがとうございます!













2010年5月27日木曜日

出来粉(できこ) のお菓子2つ



材料を混ぜて焼くだけで美味しいお菓子の出来上がり!
のセットモノを我が家では出来粉(できこ)と言っております。

まず第一弾は、モントンの本格チョコレートケーキセット。


どうもお菓子作りがいつも上手く行かない娘。
滅多に作らないのが最大の原因なのですが、
いつも残念な事になっています。

生協さんで見つけたので買ってみました。
これなら普通に美味しく、チョコレート塗り塗りも
きっと楽しくできるでしょう?
そしてお菓子作りもまんざらじゃないなぁと思うはず、はず・・・。


思いっきりハードルを下げた母の愛、受け止めてね!

さて結果はいかに?








「お菓子作りって疲れる~」


えっ?・・・・・・・チーン。

母の愛失敗。
綺麗にできているし、美味しいよ~♡

彼女は褒めても褒めても決して木に登りません・・・。
本人が感じた素直な感想が全て。


商品の感想としましては、普通のチョコレートケーキ。
間にマシュマロを挟むと大きな柔らかいエンゼルパイって感じかな。





さぁ、気をとりなおして

母のおせっかいな愛、第二弾!
日本製粉のアリスの森パウンドケーキミックス。

これは息子が作るかな?っと思い買っておいたのに、
「いや、ぼくちょっと忙しいから無理かな」

とはぐらかされ続け、とうとう母自分で焼いてしまいました。

ちょっと数が入用だったので、ミニカップケーキにへ~んしん!








ブルーベリーと胡桃をのせて。
焼き上がりはこんな感じ。








しっとり美味しいです。
香料入ってなくてもいいのになぁ・・・妙に甘い匂い。


結局母の研究材料になっているだけ?

2人ともニコニコ笑顔で食べてたからまっ、いいかな。



2010年5月25日火曜日

Scrap Station Theme 12



嵐のような大雨から一転、今日はとても良いお天気。

鳥たちが朝から賑やかです。
その中にどうも時々気になる鳴き声が。
「百均、百均、百均・・・ ♪」気のせいよね?



Scrap Station Theme 12 に参加させていただきました。
Simple Pleasures のお題もとうとう最終回。
最後はyumikoさんからのお題です。


お題:「私の好きな香りとその香りにまつわる話」
My favorite scent and the reason why it's your favorite.

サブ:身の回りにあるものを使ってスタンプする
Use your favorite item as a stamp.


私の好きな香りは秋の香り、そのレイアウトです。








写真は天然舞茸、もちろん頂き物です。
今思い出しても溜息が出るほどの良い香りとお味でした。
これぞテンネンモノ!!

左は我が家のヤマボウシの実。
赤く色づくと小鳥たちが競って食べに来ます。
いろんな野鳥がリビングから見えて、秋のお楽しみのひとつ。








サプお題の身の回りにあるモノでスタンプするは、
庭の沙羅(しゃら)の木の葉っぱを使いました。

伸びやかな立ち姿に惚れて?植えた木。
初夏に咲く白い花も一日花ですが、風情があります。

葉の葉脈が繊細で美しい~。
もちろん秋の紅葉も綺麗です。

私の大好きな秋の香り、満載!








途中参加でしたが、一年間楽しまさせていただきました。
本当にありがとうございました!


2010年5月23日日曜日

チョコマフィンのレシピ



今日は冷たい雨が降っている仙台です。

ベトナム旅行で買ってきたレトロな苺柄マフィンカップを
使いたくて、チョコマフィンを焼きました。
日本のマフィンカップよりひと回り小振りかな。

中には自家製土佐文旦ジャムを忍ばせて。
上にはまだまだMyブームの板チョコをパラパラと。








材料(普通のマフィン型なら12個分位かな)

薄力粉           200g
ココア           20グラム
ベーキングパウダー   小2
砂糖            100g
卵             2個
牛乳            140cc
無塩バター         80g

ジャム           適宜









生地があまり甘くない分、
ジャムをもっとたくさん入れても。

ベリー系のジャムでも絶対美味しいと思われます。
色んなジャムでお試しくださいませ~。



作り方

1  粉類は合わせてふるっておく。
2  室温に戻したバターをクリーム状にし、砂糖・卵をいれよく混ぜる。
3  2に粉類と牛乳を入れよく混ぜる。
4  型に生地を半分ほど入れジャムをのせる。
 その上から残りの生地を8分目まで入れる。(たくさん入れると溢れます)
5  5ミリ角に切った板チョコをパラパラ振りかける。
6  180度に温めておいたオーブンで約25分焼く。



今回使ったジャムは、自家製の土佐文旦のマーマレード。
売っている様なジューシーなマーマレードではないけれど、
皮ばかりの文旦ジャムもなかなか美味しい。

年に数回しか食べない文旦。
だからジャムにしてその余韻を色々楽しみます。


ところで土佐って今の何県でしょう?

ヒントは四万十川、かつおの一本釣り。
はい分かった、高知県!

子どもたちが小学生の時よくやった食卓問題、懐かしいなぁ。
もちろん、母こっそり予習しております・・・。



2010年5月22日土曜日

こごみ



麗らかなお日和です。

こんな土曜日は朝寝坊したいところですが、
いつも通り早朝のお弁当作りからスタート!

母の美容と引き換えに、息子よ部活頑張ってください。


そんな息子が先日野外活動でこごみをお持ち帰り。
こごみはあくが少なく食べやすい山菜のひとつ。

とりあえず、すぐ作れる中華風のお浸しと天ぷら風?を。

相変わらず「すぐ食べたい!」が素直に表現された
影がばっちり画像で失礼致します。 







こごみの中華風お浸しは、
よく洗ったこごみを1分ほど湯がき、
ごま油、醤油、酢の調味液に暫くつけたもの。








天ぷら風は湯がいたこごみを
水で小麦粉を溶いたものにさっとくぐらせて、
少し多めのオリーブオイルで軽く焼いたもの。
どちらかと言えばピカタ風?

6億年前のピンク岩塩を振りかけて食しました。
どちらも春の香りが広がって、美味しゅうございました。
息子よ、ありがとう!




散歩の途中でみつけたすみれ。

前回の記事に多くのお見舞いのメールやお電話を頂戴しました。
ありがとうございます。

私は至って元気!
母は完治するのに時間が必要でしょうが、痛い以外は元気です。

ご心配くださった皆様、
本当にありがとうございます。 








2010年5月20日木曜日

Creative Scrappers 103



はじめてCreative Scrappers に参加させていただきました。
Josée Gingrasさんのスケッチ103です。








以前作ったSkyと同シリーズといったところでしょうか?
ポップアップがいっぱいです。
モクモクモク・・モクモク・モ・・ク・モ・・・雲
ちょっと無理あるかしら?








新しいchallengeありがとうございました。




ここの所珍しく忙しい日々で何だか体調が落ちてると
自覚していたところに(でも私の場合、決して食欲は落ちないの)
母が帯状疱疹になったと連絡が。

あれって、相当の痛み。

母の気が少しは紛れるかな?と思い、毎日電話を入れる日々。
取り留めのない日々の話をするだけなのに、
何となく私の様子が分かるのでしょう。

気がついたら立場逆転、心配してもらっているのは私だったりします。
あれ~?? 私はまだまだ修行が足りません。

親ってありがたいなぁ・・・

ありがとう!


2010年5月19日水曜日

きのこのキッシュ&すずめ餅



相変わらずキッシュ焼いています。
中身は舞茸1.5パック、豚ミンチ、新玉ねぎ。
新玉ねぎを多めに入れると自然な甘みが出てこの季節ならでは。

レシピはキッシュの基本形をご参考になさってくださいませ。

後ろに見えるミニミニサボテン本物です、可愛いでしょ?








5月15、16日の両日、仙台では青葉まつりがありました。
山鉾巡行やすずめ踊りで賑わいます。
すずめ踊りの由来をここでご覧頂いて・・・


はい、この時期ならではのすずめ餅。
頂き物です、ありがとうございます!

お餅のまわりにまぶしてあるのは、きなこ?
いえいえナント! カステラ。
中には甘み控えめなこし餡がはいっています。


これも以前ご紹介したお菓子と同じく玉澤総本店。
美味しいお菓子勢ぞろいですから、仙台にいらしたらお土産にどうぞ~。









すずめ繋がりのおまけ。
息子が作った巣箱に遊びに来たすずめ。








入り口が大きすぎて使い物にならないチュン♪
でもたまーにパンくずが置いてあるから、来てやるかチュン、チュン♪



2010年5月17日月曜日

大きなカスタードプリン



ベトナムで食べた固いカスタードプリンが忘れられず・・・
超超久しぶりにカスタードプリンを作りました。

しっかり固いプリンですが生クリームは使わず
卵と牛乳だけなのであっさり。
いくらでも食べられちゃう・・・ある意味恐怖のプリンかしらん?


しかもホールタイプ。
はい、一回目は見事失敗~。
最近流行のとろとろカスタードプリンに。

よくよく考えたら大きなカスタードプリンを作るのってはじめて。
失敗してから気がつく愚か者。


鉄は熱いうちに打て!
日頃子どもたちに言っている都合上、即リベンジです。








2回目はばっちり!
間を空けずに作ると、カラメル作りも調子よく。
鍋に残ったカラメルをスプーンで素早くかき集め冷ますと
透明の美しいべっ甲飴に。
タイミングよく台所に来た息子、
ウホウホ言いながらスプーンを美味しそうに舐めていました。


カラメルはちょっと色が薄いかな? と思うくらいで火を止めます。
予熱で一気に色がつくのでびっくり。

写真の3秒後位(笑)に止めるのがちょうどいい感じ。








底の抜けない丸いケーキ型を持っていないので、
陶器のココット型で作りました。
作る工程はいたって簡単なのですが、オーブンの火加減が難しいかな。


本日の敷物は久しぶりに母の刺繍。
プリンの下はこうなっています。








刺繍だけも見せてね と嬉しいリクエストがありました。
ありがとうございます。


2010年5月15日土曜日

サイクリング



黄金週間中、お弁当を持ってサイクリングに行きました。

坂が多くて多くて
「なんださか、こんなさか」と機関車やえもんになってみたり。
すんなり諦めて黙々と自転車をおしてみたり。

でもね、こんな景色に出会うと思わず笑顔になります。








こんな看板がある所ではちょっとビビってみたり。








青空の下で食べるすじこおにぎりはうんまいっ!と叫んでみたり。
この季節ならではの楽しい一日でした。








絶対筋肉痛で歩けなくなるだろうなぁと覚悟していたけれど、
ホホホホ・・・ならなかったの。

まだまだいけるじゃんと思ってみたり。(凄まじい勘違い?)


2010年5月13日木曜日

イギリス伝統のスコーン



長らくお待たせいたしました。(あれ?誰も待ってない?)

クロテッドクリームをようやく見つけたので、
スコーンを久しぶりに焼きました。

本来ならば私のオリジナルレシピをお披露目
(っていうほどのモノでもない)するべきですが、
Hungry Monsters KitchenのKayさんの義理母に叩き込まれた
というイギリス伝統のスコーンレシピが以前から気になっていて・・・

写真を拝見したら、狼の口が見事に開いているではあ~りませんか!
うー食べたい!


これを作らねば女が廃る(はぁ?)
ということで、本日は正真正銘イギリス伝統の味です。


ジャジャーン!








少しだけ残っていた全粒粉ときび砂糖を入れた関係で色が茶系です。
表面に牛乳も塗り忘れました。(kayさんごめんなさい)

でもでも、美味しそうでしょう。
はい、皆絶賛でした~。

kayさん、義理母様、美味しいレシピをありがとうございました!
Kayさんのイギリス伝統スコーンレシピはここです。


もっと形よく狼の口が開くようしっかり習得して、
娘と息子にレシピを叩き込みたいと思います。フフッ




仙台はまだチューリップが咲いています。
我が家の八重咲きチューリップ。

♪風に揺られてゆ~ら、ゆ~ら♪








今年はいろんな色のチューリップが50本ほど咲きました。

球根を植えている時は(勝手にオランダのキューケンホフ公園を妄想中)
たくさんだな~と思っても、いざ咲いてみると
当然50本じゃ全く物足りない・・・。

来年はこの倍いきますか?
うーん、そうなると懐が物足りないな~



2010年5月11日火曜日

Camera album (ベトナム13)



棚の奥でずーとこの日を待っていたカメラ型のアルバム。
さぁ、出ておいで!やっとあなたの出番よ~。

ベトナムの写真を引き連れての(また?って言わないで・・・)登場です! 

もちろん本日の敷物はベトナムの新聞。







ベトナムでいろんな切手を買っていた娘。
同じのが2枚ある切手は使っていいよ~と言ってくれたので、表紙にペタッ。

本当は1枚しかない別の図柄の切手が欲しかったけれど・・・
親子と言えども、人様のコレクションに手を出してはいけませんね。

はい、素直に引き下がる私。(と言いつつブログに書く)








表紙をめくると、
日本からハノイまで飛行機でびゅ~んと飛んだイメージ。

はい、安直過ぎる私。








珍しく家人や私の写真もあるので(一応家族旅行ですから)
中は飛ばして・・・最後から2枚目のページ。
水上人形劇に出てくる人形たちや文廟の風景。


赤い洋服のカップルは私ではありません、念のため。
赤が映える風景だなと思い、このカップルがこの位置に来るまで待ってました。

はい、辛抱強いの私。



これ以外のベトナムらしい色鮮やかなページや、衝撃の豚さんページは
DIY mindさんのギャラリーにあります。
是非ご覧になってくださいませ。


そしてベトナムに興味をもたれたら、

ベトナム旅行記101112
もご覧いただけると嬉しいです。


ご訪問ありがとうございます。



2010年5月10日月曜日

Pencil Line #185 (ベトナム12)



Pencil line 185に参加させていただきました。
Stephanie Ackermanさんのスケッチです。

只今シンプル~に心惹かれております私にぴったり?
今回も2色のカードストックと1枚の両面パターンペーパーのみ
で作ってみました。








はいすみません、またベトナムです。
バッチャン焼の工房。

切り抜いたり、ポップアップしたり、ぶらぶらしたり。
それなりに手は入れたつもりですが・・・。


今回も楽しく参加できました、ありがとうございます!









そしてベトナム繋がりで・・・旅行記に書き忘れた「蓮茶」について。

蓮茶はかつて王朝への献上品で、金と引き換えられるほど
貴重なものだったとか。
市場やみやげ物屋で売っている物は、香料を混ぜたものが多く
そもそも蓮の花が入っていないものばかりとも・・・。


そんな中、今も伝統的な製法で蓮茶を作っている フォン・セン
というお茶専門店があるというので行ってきました。


フォン・センの蓮茶100グラムには100~120輪の花が使われています。
独特の香りがあるので、好みが分かれるかもしれません。
お店はハノイ旧市街にあり、日本語の看板もあるので(笑)すぐ分かります。


家族4人座り込んで
蓮茶、菊茶、ジャスミン茶、つげ茶を試飲させていただきました。


ということで、蓮茶もカフェド月草でお飲みいただけます。


でもね、蓮茶は家人担当なので週末のみかしらん?
蓮茶道お家元?の領域は侵さない(=私の仕事を増やさない)
ことにしておりますので、ご了承くださいませ~。

写真の丸い黄色の実は、蓮の実の甘納豆です。
すでにありませんが・・・


お家元セレクトの茶器で蓮茶をお飲みいただく運の良い方は
あなたかもしれません!?



2010年5月8日土曜日

ジンジャーブレッド



時々無性にしょうが味のものが食べたくなります。
すりおろしたしょうが汁と卵をたっぷり入れて
ジンジャーブレッドを作りました。

懐かしいしょうが味とこの栄養たっぷりの黄色が元気をくれます。
温めたミルクと一緒にどうぞ。

娘曰く、ほっとする美味しさだそうです。








材料 (直径20センチのケーキ型1個分)

しょうがの絞り汁   大2
卵          3個
砂糖         60グラム
薄力粉        180グラム
ベーキングパウダー  小2
牛乳         80cc
バター        50グラム



作り方

1 卵と砂糖、牛乳、しょうがの絞り汁をよく混ぜる。
  (お好みですりおろしたしょうがも半分どうぞ)
2 振るった粉類を入れ、切るように混ぜる。
3 湯せんして溶かしたバターを入れ混ぜる。
(ちょっとゆるめの生地です)
4 ケーキ型に流し入れ、170~180℃のオーブンで40分焼く。


焼きたては表面が何ともいえないサクッとした食感になります。
これがまた美味しい。


息子はしょうが味が苦手なので食べません。
まだまだおこちゃま・・・




仙台はようやく花便りが賑やかに。

庭の木蓮、チューリップ、ムスカリ、ノースポール、ハナミズキ
も順次咲きだしました。

ハーブもたくさん芽を出しています。
今年はイタリアンパセリが仲間入り。

庭に出るのが楽しい季節となりました♡



2010年5月7日金曜日

花巻マルカンデパートのソフトクリーム



知る人ぞ知る、知らない人は知らない(はぁ?)
花巻にあるマルカンデパートのソフトクリーム。

過日、無ら里のオーナーさんとangieさんに連れて
行っていただきました。ありがとうございます。

場所はレトロ感満載のマルカンデパート大食堂、大盛況です。
念願のお箸で食べるソフトクリーム、やったー!








大きいです、美味しいです、お腹いっぱいです。
あっさりした懐かしい味、大満足~、ご馳走様でした。

言い忘れましたが、この大きなソフトクリームを食べる前に
これぞ大食堂のラーメンだー!を食べています・・・
これも美味しいです。








ソフト後方に見えるお箸を入れる容器も色も昭和!
あっ、これもあれも家にあった!っと指差し確認してしまいました。

また行きたくなる不思議な魅力に溢れています。
恐るべしマルカンデパート。


この看板もなかなか・・・








足元にお気を付けて。
ほら、口あけて上ばかり見ていたら転びますよ、月草さん。


花巻駅前広場にある「風の鳴る林」

自然の風力で回転する風車を先端に取り付けた
21本のステンレスポールです。








宮沢賢治ゆかりの地「花巻」、お気に入りです!


2010年5月5日水曜日

機内食&うっふん♡うさぎ再び (ベトナム11) 



長らく引っ張ってきたベトナム旅行記ですが、
いよいよ本日で終了、多分ね。

どなた様も機内食が気になるご様子なので、
最後の話題は往復の機内食。
乗ったのは、セントレア発着のJALとベトナム航空のコードシェア便。

深紅のアオザイを着た客室乗務員がお出迎え。
皆さん素晴らしく細く、思わずわが身を振り返り確認、ウーム。
(何度確認しても当然ですが、お肉は減りません・・・)

まっ、それは横に置いといて行きの機内食。








和食を選択、もちろんエコノミーです。
食後にベトナムコーヒーを頂きました。
そう、行きの機内ですでにベトナムコーヒーの虜になった私。

そして、帰りの機内食。








眠たくって何を食べたのか、正直覚えていません。
いけません、いけません。

なのにセントレアの僅かな乗り換え時間に、おにぎり食べています。
(本当は好物の名古屋名物味噌煮込みうどんが食べたかった・・・)




最後にふさわしく?お問い合わせのあった、
色っぽいきりんとうっふん♡うさぎを再び。

ご要望通り、画像を一番大きくしてアップしますね。
さて、このうっふん♡さ、正確に伝わるかしらん?








ベトナムにまた行きた~い!(家族一同の声)
いろんな意味で頑張って行って良かった!!


とりあえず旅行記終了です。
(あっ、蓮茶の話が・・・・・・そのうちに?)


2010年5月4日火曜日

Mt. Fuji (富士山)



ベトナム旅行の帰りに見た富士山。
何となく外国っぽい富士山だなと思い、意味もなく Mt. Fujiにしてみました。

 
学生時代は新幹線から幾度となく眺めた富士山。
くっきり、すっきり綺麗に見えた時は、何か良いことがありそうで
それだけでワクワク、得した気分でした。

仙台に住むようになってからは、もっぱら空の上から見下ろす感じ。
相変わらず綺麗に見えると嬉しい。

今回は何とも幻想的で、一人テンションが上がってしまい
思わず寝ている娘をたたき起こしてしまいました、ハハハハ・・・


Mt. Fuji どうぞお楽しみくださいませ。









ちなみにこちらは、行きに見た綺麗な一般的な富士山。
♪富士は日本一の山♪






2010年5月3日月曜日

みずなす漬とお散歩



過日私の大好物、大阪のみずなす漬をいただきました。

その名の通り、みずみずしくて果肉がやわらか。
日持ちがしないのですが、その分サラダ感覚の美味しさです。

昔から泉州のお百姓さんたちが、夏の農作業で渇いたのどを
潤すために水のかわりに食べたと言う、大阪伝統野菜のみずなす。

大阪に行かれることがあれば、ぜひお試しくださいませ。


本日の敷物は、この時と同じからむし織り。
これからの季節にぴったりです。









連休中の散歩の写真。
まだ満開の桜があったので一枚。








よく見るといろんな鳥が、でも名前が分からない私。








木をコツコツする鳥、でもキツツキではなさそうな・・・。
君の名は?








2010年5月1日土曜日

レモンティラミス



ぽかぽか陽気の連休、皆様いかがお過ごしでしょうか?

庭のチューリップたちが色とりどりに一斉に咲き出し、
殺風景な庭もようやく春らしく賑やかに・・・嬉しいな。

過日とあるものを見つけて・・・
レモンティラミスってどんな味?
どうしても気になって作ってみました。

えぇお察しの通り、レモンといえばこの敷物です。








レモン果汁1個分絞って、皮のすりおろしもたっぷり入れて
酸っぱすぎて妙な味にならないかと心配しましたが・・・
爽やかで美味しい、気に入りました。


でもね、実はこれ↓こんなの使いました~ごめんなさい。
(モンテ物産がイタリアから輸入したもの)
箱の裏のアレンジレシピに載っていたの。








増粘剤と乳化剤がちょっと気になったけれど、食い気には勝てず。

しかもこのティラミスパウダーに牛乳と生クリーム、レモン果汁と
皮のすりおろしを混ぜ、砕いたビスケットにかけて冷やすだけ
というあらまぁ~の手軽さ。

4人分とありますが、食後のドルチェなら6人はいけるかと。



国産レモンがまだあるから、連休中に何かケーキも焼きたいな。
(今度は自力で)

楽しい連休をお過ごしくださいませ~。